40代女性の悩み事

【ママ友付き合い】話が長いママ友の機嫌を損ねることなく上手に退散する3つ方法

 

今回は、ママ友の話が長いと悩んでいる方に、オススメの対策法をご紹介します。ママ友との付き合いは、楽しいこともあれば、面倒だと感じることもありますよね。特に面倒なことに関しては、なかなか避けられないようなこともあるでしょう。

 

ママ友の長話にうんざり!上手く逃れる方法は?

ママ友と少し話をするくらいなら、楽しいのですが…。話が長いと、うんざりに思う方も多いでしょう。できることなら、その場を上手く逃げたいと思う方もいると思います。そんな逃れる方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ママ友の機嫌を損ねず長話から退散する方法

その1.時間を気にしている素振りをする

時計を見るふりをする、スマホを見て「連絡」を待っているふりをする…。こうすることで、相手にも「時間を気にしている?」「何かこの後、用事でもあるの?」と思わせることができます。もし、理由を聞かれたら「これから夜ご飯の支度があるから…」と、自分にはどうしてもやらなければいけないことがある…というような、理由を伝えてみましょう。

その2.少し付き合ってから急に用事を思い出す

中には、なかなか長話から抜け出せず、ついついお付き合いしてしまう方も多いでしょう。そんな方は、少しだけ長話に付き合ってみましょう。そして急に用事を思い出したかのような素振りをするのです。

その3.このあと予定があるときっぱり伝える

正直に予定があるということを相手に伝えましょう。しかし、理由は具体的に伝えることが大事です。「○時に歯医者の予約を入れている」など、時間までも具体的にするといいでしょう。

苦手なママ友に嫌われずに上手に距離を置くには?

忙しくする

あえて、自分のスケジュールを忙しくしてみましょう。そうすることで、苦手なママ友からは「あの人は、忙しい人だから…」と思わせることができるのです。こう思わせることで、お誘いもあまりこなくなるはず。

話すときは聞き役に周り同意する

適度に相槌をうち、相手の意見に同意してあげましょう。きっと相手は、「話を聞いてもらえる」という状況が欲しいのです。相槌を打つことで、「聞いてもらえているんだ」という安心感を与えることができますし、相手の意見に同意することで、「悩んでいるのは、私だけじゃないんだ」と思わせることができます。

2人きりになる機会を作らない

そもそも「2人きり」という機会を作らないようにしましょう。もし会うとしてもグループで会うようにすれば、苦手な人と話す必要もなくなります。

借りは作らない

お金の貸借りはもちろんそうですが、物などの「借り」を作らないようにしましょう。そうしてしまうと、何かお返しなどもしないといけないですし、面倒臭いことになってしまいます。

笑顔で対応する

苦手な人にこそ「笑顔」で対応するようにしましょう。そうすることで、敵を作らないことにもつながります。

あなたは大丈夫?嫌われママ友の8つの特徴

①自分の話ばかりする

ついつい「自分の話ばかり」していませんか?これは相手を退屈にさせ、「もうこの人の話を聞きたくない」と思ってしまうこともあります。

②自分の子供・旦那の自慢話ばかりする

「自慢話」は基本的に、嫌われます。なぜならば、他人の自慢は聞きたくないと思う方が多いからです。自分の会話内容を見直してみましょう。

③何に対しても愚痴を言う

「愚痴」は聞いている人の気分も、悪くします。そういった暗い話を聞いていて、いい気持ちになる方は少ないでしょう。さらに、どんなことに対しても「愚痴」を言う人は、周囲に嫌われます。

④話に起承転結がなくつまらない

「とにかく、自分が話を聞いて欲しい」と言う思いが強すぎていませんか?これは、「起承転結がない」と言うことにもなる可能性が…。自分は話していて、心地よいかもしれませんが、聞いている側からすると、「つまらない」と思ってしまいますよ。

⑤意見がコロコロ変わる

こないだまで言っていた意見と異なっている…。なんていうこと、ありませんか?意見がコロコロ変わってしまう人の話を聞いていると、疲れてしまいます。

⑥場を仕切りたがる

やたらと自分が主導権を握って、場を仕切りたがる…というような人は、「でしゃばり」だなんて思われることも。場を仕切る時も必要かもしれませんが、物事を言わないような姿勢も大事です。

⑦人の話は聞いていない

自分の話はしているのに、他人の話は聞かない…なんていうこと、ありませんか?相手にとっては、「もう、この人と一緒にいたくない!」と思わせてしまいます。

⑧SNS中心の生活・話題

SNSを中心とした生活や話題をしていると、相手を疲れさせてしまうのです。できるだけSNSばかりに気を取られないようにしましょう。

退散するときは相手の顔色を見ずさっさと逃げる

今回は、ママ友の話が長いと悩んでいる方に、オススメの対策法をご紹介しました。話していることは楽しいのですが、ついつい長話になってしまうと、「逃げたい!」と思うこともあるでしょう。ぜひ今回の対策法を参考にしてくださいね。

40代女性の悩み   2017/06/12   みゆ