40代女性の悩み事

40代女性の悩み

なぜ結婚式に呼ばれなかったか考えてみた。

なぜ結婚式に呼ばれなかったのか、相手が親しい友人であればあるほど、気になりますよね。知らぬ間に友人が結婚していたなんてことも...。呼ばれなくてショックなときも、好都合なときにも、とにかく理由が気になるものです。

結婚式に呼ばれなかった。こういう時どうすれば良いか考えてみた

理由が分からないと、何となく気まずい空気になったり、連絡しづらかったり....。どういう態度で相手に接していいか迷います。お祝いだけでも贈った方が良いのかも、悩むところですよね。とにかく知りたい、呼ばれなかった理由。いろいろな側面から考えてみました。

結婚式に呼ばれなかったショックな出来事。呼ばれなかった理由は?

子供が小さいので遠慮された

この遠慮には2パターンあります。1つは「子供が小さいと出席するの大変だから無理しないで。」という配慮。もう1つは「結婚式で泣かれたり、騒がれると困るから呼ばない。」というパターン。仕方ない面もあるけれど、子供を預けて出席できることもあるので、一言かけてほしい理由ですね。

良く思われていなかった。

1番ショックな理由です...。自分は仲が良いと思っていたのに、相手はそうではなかった!?特にグループで仲が良かったのに、自分だけ呼ばれなかったときのショックは大きいです。何か地雷を踏むようなことを言ったのか、悩む人も多数。

招待者の中に、自分の過去の交際相手がいた

これは仕方がない部類でしょうか。気を遣ってくれたのかもしれないし、もしかしたら結婚式当日にトラブルが起きそうで回避したのかもしれません。お祝いの席なので、気持ちは分からなくはないです。別れ方にもよりますが、元交際相手の希望で呼ばなかった可能性もありますね。

身内だけの結婚式だったので職場の人は呼んでいなかった

最近はこの理由が多いですよね。盛大な結婚式ってかなり減ってます。普段プライベードで付き合いがない職場の人を呼ぶのに、違和感がある人も多いとか。あと招待する側の立場からすると、職場の誰を招待するのか、選別がとても難しいのです。同僚を呼ぶなら上司も...となるわけで、一層のこと身内だけでやる方が簡単ですよね。

距離が遠くて遠慮された

来て欲しい気持ちはあっても、あまりに遠いと申し訳ない気持ちで招待しづらい場合もあります。「お車代」の問題も。昔は遠方から結婚式に招待した場合、新幹線などの交通費は招待側が負担するものでした。泊まりの場合は、宿泊ホテルも。正直、新郎新婦の負担はかなり増えます。「お車代は出せないけど、それでよかったら来てね。」と言ってくれる方が嬉しいけど、言い出しづらい気持ちも分からなくはないですね。

長年会っていなかった

学生時代は毎日遊んでいた友人でも、仕事や結婚で距離が離れると疎遠になることも。近くに住んでいても、独身と子育て中の主婦では、暇な時間も話題も違うため、会う機会が次第に減ったりしますよね。現在仲の良い人を優先的に呼ぶ結婚式なら、呼ばれなくても仕方ないと納得できます。ただ自分のときは呼んだとなると、少しわだかまりが残ります...。

仕事が忙しくて遠慮された

会うたびに「忙しい」を連呼していたら、結婚式に呼ばなかったパターン。貴重な週末に呼んだら迷惑だと思われたかもしれません。実際仕事が忙しくて、呼ばれなくてラッキーだったかもしれませんが、それとこれは別。声がかからなかったことに、寂しい気分になりますね。

お祝いはどうする?

物を贈る

親族だけの結婚式で呼ばれなかったら、親しい友人には結婚祝いのギフトを贈ると喜ばれます。実際に新居で使ってもらえるものを贈りたいので、希望を聞く人も多いです。いろいろな人からお祝いをもらう時期なので、かぶり防止にもなって親切。予算相場は2,000円~20,000円まで関係によりさまざまです。

ご祝儀を贈る

自分の結婚式に招待した友人なら、迷わずご祝儀で返した方が喜ばれます。相手は内祝いを返すことになるので、現金でいただけると、半返しが負担になりません。自分の結婚式に3万をいただいている場合、ご祝儀を10,000円か30,000円かで悩む人が多いです。これは決まりがなく、考え方次第です。

電報を贈る

職場の人の結婚式なら、「○○部△△課一同」のような形で贈るのも一般的。あと遠方の友人なら呼ばれない理由も明白なので、電報を贈りやすいですね。

連絡だけする

結婚するのを知ったら、とりあえず連絡して「おめでとう」を伝えたい。これができると1番良いですよね。ドライな付き合いだったら、お祝いの品を贈らない人も多いです。ただし自分が結婚するときにもらっていたら、やはりマナーとして贈った方が良いです。

 

結婚式に呼ばれなかった人を、自分の結婚式に呼ぶ?

共通の知り合いに相談して決める

自分が後に結婚するパターンもありますよね。なぜ呼ばれなかったのか理由が分からなかったら、親しい共通の友人に相談してみるのも良いかも。理由を知っているかもしれないし、第三者の方が冷静な判断ができることもあります。

気にせずに呼ぶ

自分の結婚式なので、相手に呼ばれたかどうかは関係なく、自分が今呼びたい人に声をかけるという考え。招待者選びは人間関係を考えるほど大変なので、あまり調整し過ぎないで声をかけるのもアリです。自分は呼ばなかったと遠慮して「欠席」と返事してくるかもしれませんが、そのときは割り切って。

相手の状況を考えて、呼ばない

何か理由があって自分を結婚式に呼べなかったのかも...。その理由が分かれば、呼ばない方が良いことも。お互い呼ばないのなら、特に気を遣う必要もないです。中には病気や金銭トラブルなどを抱えていて結婚式どころではない人もいるかも!?

理由も事情もいろいろ。あまり気にするのはやめよう。

親しい友人の結婚式に呼ばれないと、ショックであるのと同時に気まずいですよね。でも相手にもそれなりの事情があるかもしれません。納得いかない理由でもあまり落ち込む必要はなく、人間関係の整理ができた、出費が抑えられたと前向きに考えるのがいいと思います。

 

≫ 続きを読む

40代女性の悩み   2016/06/14   みゆ

好きじゃない人と結婚してしまった・・・!?

「好きじゃない人と結婚」…あなたはどう考えますか?多くの女性が、結婚に愛を求めている一方で、恋愛と結婚は別という声も多く耳にします。好きじゃないのに結婚して本当に幸せになれるの?幸せの秘訣とは?気になる疑問と本音を大公開していきます。

なぜ好きじゃない人と結婚したのか?

昔は政略結婚や家庭の事情で好きでもない相手と結婚するということが多かったようです。しかし、自由に恋愛ができる現在においても、好きでもない男性と結婚するという女性は意外と多くいます。その理由やきっかけとは?下記で詳しくご紹介していきます。

お見合い結婚

お見合いは、結婚を前提としたお付き合いを求めている男女が出会います。どちらも結婚願望が強いため、多少惹かれあう部分があると気持ちが追い付かないままでもすぐに結婚へと発展してしまうようです。また、お見合いを受けたことにより両親の期待も背負っているため、むげに断れないという場合も。

年齢による焦り

女性の結婚適齢期の平均は27歳~30歳といわれています。20代をほぼ仕事に打ち込んだという女性からすると、結婚したいと思う頃には焦りを生じる年齢になっているということも少なくありません。また、子どもは若いうちに産まなければならないという風習が未だ根強いことも女性が焦りを感じる原因でもあります。
そういった年齢による焦りから、相手を好きじゃなくても、多少理想と離れていても、勢いで結婚してしまうという女性は多いようです。

周りからの勧め

周りの人の強い勧めで好きじゃないのに結婚に至ったというケースもあるようです。両親や友人、職場の人など、断りにくい立場の人から男性を紹介され、あれよあれよと進められてしまったなんてことも。勧めてくれた人の過度な期待から結婚を断りにくくなってしまい、流れに身を任せてしまうという女性は意外と多いようです。

好きじゃない人と結婚しても幸せになれるのか?

「好きじゃない人との結婚」は果たして本当に幸せなのでしょうか。恋愛の第一条件であるといわれている「好き」という感情は、結婚になると二の次に!?ここでは、好きじゃない人と結婚しても幸せになれたという意見をピックアップしてご紹介します。

妊娠して家族が増えて幸せ

"結婚したら旦那は二の次"とまで言われるほど、子供の存在は大きくなります。女性は子供を出産すると母親の使命を全うしようという意識が高くなるため、生活の中心が子供となります。
そのため家事育児に追われながら子供の成長を見届けることに幸せを感じるという方が多いそうです。

一緒に生活して良い所が見えてきた

容姿端麗、頭脳明晰…誰にでも憧れの存在というものがあると思います。「初めは好みじゃなかったんだけどな」と思っていても実際に一緒に生活してみると、相手の良い所がたくさん見えてきたというケースも多くあります。
その場合、相手の内面がしっかりと判断できて幸せな結婚生活を送れるといわれています。

経済力があった

結婚には何かと金銭的負担を強いられる場面が多くあります。そのため、時には好きという感情よりも経済力があるということで安堵する場面が多いようです。
金銭的な問題は離婚原因で毎年上位に挙げられています。お金の余裕は心の余裕を生み出すといわれているため、金銭的な余裕が夫婦生活の円満を築くきっかけとなっているのかもしれませんね。

食べ物の好みが同じだった

長い期間一緒に過ごすことを考えてみると、食べ物の好みが合うということはとても大切なことです。味の好みで夫婦喧嘩になるという話は今も昔も絶えず、美味しさを共感できることに幸せを感じる女性も多いようです。
食の好みが合うと日々の食生活だけではなく、外出先や旅行先などの食事も楽しめそうですよね。「同じものに関心を持って楽しむ」これだけで相手との距離はグッと近付きます。

情が湧いて好きになった

結婚当初は恋愛感情がなかったが、月日が経つにつれ情が湧き、いつの間にか大切な存在に!という女性は意外と多くいるようです。特に以下の4つの点から相手を恋愛感情として意識したという女性が多く見受けられました。

  • 私のことを大切にしてくれる(愛される喜びを知った)

  • 仕事に真面目で尊敬できる

  • 一緒にいると楽で、安心する

  • 母性本能をくすぐるタイプで放っておけない

 

好きじゃないところも認めることが大事

「結婚イコール好きな人と添い遂げる」という認識が根強くあります。そのため、結婚相手を好きじゃないということから目を背けていませんか?

ほんの少し考え方を変えるだけで、相手を受け入れるきっかけになるかもしれません。

誰にでも欠点はある

人間なので誰にでも欠点はあります。時には失敗をして気付くこともあります。「この人はここが嫌。」とすぐにシャットアウトするのではなく、時には個性だと認め合うことも大切かもしれません。

お互い違った環境で育ってきたため、違って当たり前だと考えてみてはいかがでしょうか。本当に気になる部分は相手に伝え、改善するよう促すといいかもしれませんね。

これから何十年という長い月日を共にする二人です。相手に対する少しの不満や欠点は、温かい目で見守ってはいかがでしょうか。

誰でも好きな人と結婚できるとは限らない

本当に好きな人と大恋愛をして結婚…そうなったらもちろん素敵でしょうが、現実はなかなかそうもいきません。

結婚となると本人たちの気持ちだけでは解決できない問題が多数生まれます。金銭的な問題、お互いの家族の問題、健康状態の問題など、複雑な問題が浮き彫りになりますよね。そのため、泣く泣く結婚を諦めたという方もいるのではないでしょうか。

現に女性の半数以上が愛だけで結婚は無理だと考えているそうです。相手に求める上で一番重要視しているもの、これだけは譲れないものを挙げると、愛だけでは解決できない問題があるのかもしれませんね。

妥協も必要

「顔がカッコイイ」「学歴が良い」「高身長」「高収入」「家事も手伝ってくれる」「子育てに協力的」「優しい」などなど、理想を求めすぎると当てはまる男性がどんどん狭まってしまうのが現状です。理想を追い求めることはもちろん大切です。しかしながら、なんでも完璧にこなせるスーパーマンのような男性はいません。

自分がどうしても譲れないものを意識して、どこかで必ず妥協はしなければならないということを念頭に置くといいかもしれませんね。

置かれた状況の中でいかに幸せになれるかを考える

結婚は学生時代の交際とは違い、簡単に終わらせることはできません。そのため、マイナスな面ばかりを考えて悲観するだけでは現状を変えることは難しいでしょう。

「もっと自由が欲しい」「もっとお金が欲しい」「もっとお洒落をしたい」「もっと二人の時間が欲しい」など、自分のやりたいことや欲しいものを上げてはキリがありません。

高望みするのは後回しにして、まずは置かれた環境をしっかりと把握しましょう。現状でいかに幸せになれるかを考えてみると、素敵な夫婦関係が築けるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。結婚は、相手と何十年も生活を共にし、責任や重圧が大きくのしかかります。そのため、人によっては必ずしも「好きであること」が結婚相手の第一条件ではないようです。結婚してからゆっくりと愛を育むというのも、幸せの形の一つなのかもしれません。

≫ 続きを読む

40代女性の悩み   2016/06/09   みゆ

年収500万なのに貯金ができない…貯金できる人のコツを教えます!

年500万円あるのに貯金が貯まらないのはなぜ?とお悩みの方!お金は意識しないと知らず知らずのうちになくなってしまいます。貯金をするには、システムを作ることが大切です。今回は年収500万円の人が貯金するための工夫をお伝えします。

独身なのに貯金ができない原因

独身は遊びに使うお金の割合が大きい

独身者は子供の養育費が一切かからないので、余裕資金があると思われがちです。しかも年収500万円なら十分貯金できそうなもの…。しかし、遊びに使うお金が多いことが貯金できない大きな原因になっています。

独身者は家計管理についてあれこれ言われることがないので、趣味にどんどんお金を費やすことができてしまいますよね。しかし欲しいままに消費していてはキリがありません。趣味・遊びにどれだけお金を使っているのか、あるひと月の実績だけでも良いので、一度確かめてみてください。

年収500万稼いでいる人の平均貯金額とは?

平均50~100万円くらい

どのような世帯でも、年収の10~20%ほどを貯金することが多いようです。年収500万の場合は50~100万円が一つの目安ですね。あくまで平均なので、工夫すればこれ以上貯めることも可能です。

格安SIM・スマホを利用してみよう

最近CMでも話題の格安SIM・スマホ!楽天モバイル・Y!mobile・mineo・IIJmioなどさまざまな通信業者が格安料金を打ち出しています。スマホ料金を節約するのにおすすめのサービス!

おおよその目安ですが、ドコモ・au・ソフトバンクの料金と比較すると、格安系は1/2~1/3と大幅に縮小することができます。特にデータ通信容量の料金が非常に安いので、ネットを中心に利用する方には強くおすすめしたいサービスです。

LCCを利用してみよう

旅行に行くときに、LCC(格安航空会社)を活用していますか?キャンペーン価格だと信じられないような値段で航空券が買えちゃいます。例えばバニラエアの期間限定の「わくわくバニラ」というキャンペーンプランなら、東京と沖縄・那覇をたった7,000円で往復することも不可能ではありません。

LCCはANA・JALなどのフルサービス系航空会社とはいろいろな違いがあり、注意も必要ですが、旅行代金を節約したいなら見逃せません!キャンペーン情報は無料のメールマガジンに登録しているとアナウンスが来ます。ぜひチェックしてみてください。

夫婦で協力して貯金すると効果的!

夫婦だと無駄遣いをセーブできる!

既婚の方の場合は、夫婦で協力することで無駄遣いをセーブすることができます。その方法の1つとして、家計簿アプリを夫婦で共有して使ってみてはいかがでしょうか?

家計簿アプリにもいろいろありますが、Zaimやマネーフォワードが有名です。これらのアプリはレシート読み取り機能があり、スマホで撮影するだけで買い物データが取り込めて、集計までしてくれます。日々のレシートや集計状況を夫婦で共有することで、協力して家計管理をしやすくなりますよ。

貯金で買いたいものなど目標をつくる

夫婦間で少し先にどうしても必要なもの、欲しいものなど、大きな買い物を設定しましょう。高級オーディオ・レザーのソファーなど。買いたいものの目標金額を定めて、それを達成できるように毎月貯金をしていきましょう。12か月後に40万円の買い物をしたいなら、ひと月あたり34,000円くらいの貯金をしていきます。

銀行の自動積立を活用

あまった金額を貯金しようと思うといつまで経っても貯金できないものです。銀行の自動積立サービスを使って、毎月決まった日に決まった金額を積み立てに回しましょう。年収500万なら4~5万円ほどが目安ですが、1万円からでもOK!

後は、引き落としされた後の金額で暮らせるように出費をコントロールすることです。自然と予算を決めることになりますので、買わなくてよいものが見えてくるのではないでしょうか。

貯金が貯まらない人におすすめの貯金箱!

メタルバンク100マンエン ゴールド

昔からある定番の貯金箱です。500円玉でいっぱいにすると100万円、100円玉なら25万円が貯まります。余って無駄な小銭を入れていけば大きな金額に膨らんでいきますよ。

いたずらBANK みけねこ

段ボールにかわいいみけねこが隠れている、一風変わった貯金箱。お皿のところにお金を置くと、猫がサッとお金を取って隠れます。その仕草やにゃーんという鳴き声が何とも言えずキュート!どんどんお金という名の餌をあげたくなっちゃいます。

年収500万円なら工夫次第で貯金できる!

年収500万円は決して低い収入ではないので、工夫すればある程度の貯金は可能です。自動積立を利用して先にお金を天引きしたり、格安スマホの利用などで固定費を圧縮したりと、さまざまな工夫を組み合わせることで貯金していきましょう。楽しみながら行うのも長続きのコツなので、楽しい貯金箱も活用してみてくださいね。

≫ 続きを読む

40代女性の悩み   2016/06/06   みゆ